40代 加齢臭 抑える

臭いに自覚ができたら黄色信号

中年と呼ばれる年齢にさしかかって気になってくるのが「臭い」と言われること。 いわゆる加齢臭とかオヤジ臭なんて言われるものが、自分からも発せられるようになったと思うと思わずため息モノです。 特に耳の後ろから臭いにおいが漂ってきたりするのを自分でも感じてしまうなんてことがあったら、周りの人はもっと臭いと感じているかもしれません。 加齢臭が発生しやすい部分というのはいくつかありますが、耳の後ろもその1つです。 皮脂腺の量が多いのと、耳の後ろは十分に洗えていない可能性が多いことが原因と言われています。 ノネナールという物質が皮脂腺からでますがそれが臭いの原因です。ノネナールは40代くらいの年齢になると身体から分泌されるものです。脂肪酸と参加した脂質があわさるとノネナールが発生しますが、40歳を過ぎたあたりから参加を抑える力が弱くなってくるので分泌量が増えてしまうのです。 つまり、抗酸化作用のある食事をとり、身体を清潔に保つことで加齢臭はかなり抑えることができるともいえます。 行き届きにくい耳の後ろや背中といった部分もしっかり洗い、湯船に浸かって汗をかいたら風呂から出る前にもう1度頭皮をシャワーで流して汗を流すなどもしましょう。 また、衣類やまくらといった汗がつきやすいものも清潔に保つようにして、酸化した臭いが自分に移ってしまわないようにも心がけたいところです。

食事を変えることも臭いケアには効果的

食事ではビタミンCやビタミンEが抗酸化作用があるとされています。 また、和食は動物性脂質が少ないですし大豆製品(味噌など)にも抗酸化作用が多く含まれるので、加齢臭対策に適した食事です。梅干しも効果的とされているので、朝ご飯には梅干しを食べる習慣をつけるのもいいでしょう。 食事での摂取が難しいならビタミンCなどのサプリメントを服用してもいいかもしれません。健康補助食品ですから身体に悪いものじゃないので、食事で足りない栄養素をサプリメントで補うことは良いことです。