40代 肥満 治療

老化現象の始まりを防ぐ!

最近では40代50代の男性の3人に1人は肥満傾向になるというデータが発表されています。 確かに、おじさんになってくると顔もお腹まわりも大きくなってくる人が多いですよね。いわゆる中年太りです。 中年太りは老化現象の1つだと言われています。 年をとると、どうしても筋肉の働きが悪くなったり、内臓の働きが悪くなったり、基礎代謝量が低下したりと若いころに比べて身体の機能の働きが悪くなってくるものです。そうなると摂取したエネルギーを消費する働きも悪くなります。 若い頃と同じようにものを食べても、若い頃と同じように消費できなくなってしまっているのです。だから、消費できなかった分が肥満となって現れてしまいます。 改善する方法は、食べる量を減らすか、身体の機能を老化させないように心がけるかになってきます。食べる量を減らすといってもお腹は空くし、40代になって余裕もでてきて美味しいものも食べる機会も増えてきますよね。ならば食べた分消費できる身体を維持すればいいのです。

運動と食事が基本

やはり適度な運動は必要になります。運動といってもがっつり何かスポーツをしたりジョギングをしたりということをしなくてもいいのです。 エスカレーターではなく階段を使う、電車で座らないといったちょっとしたことを毎日するだけでも体力の維持に繋がります。 また、普段の食事はバランスの良い和食中心にすると良いでしょう。お菓子やお酒は摂取してもいいけど度が過ぎないように、宴会で食べ過ぎ飲み過ぎたらその分飲まない食べない日をつくるなども必要です。 ほんのちょっと心がけるだけでも中年太りはどんどん改善するでしょう。 近年は、男性の中年太り専門の病院などもあったりするので気になる人は調べてみてもいいでしょう。 また、エネルギーを消費する手助けをするサプリなどもありますから取り入れてダイエットに励んでもいいでしょう。 だらしがないお腹のおじさんよりも、スッキリしたお腹のおじさんの方がカッコイイですからね。